ウォーターサーバー【岩手県で人気の天然水宅配!】

生まれたての赤ちゃんの体内の水分量は約80%、それが20歳を過ぎると約60%に減少し、さらに年齢を重ねることで、約50%以下になっていきます。つまり老化=体内の水分が減っていくことでもあるのです。

血液や細胞など、形をかえて身体を構成する水分が減ることで、肌はみずみずしさをなくし、筋肉や臓器も衰えていきます。何より身体に栄養を届ける血液自体が勢いをなくすことで、代謝力が低下することが一番の問題です。

水分に含まれるカリウムは、老化防止効果で注目されています。細胞内の水には、カリウムイオンという微量成分が含まれており、細胞内の水が減ることで細胞の活力も低下します。逆にカリウムを含む水分を摂取することで、老化を遅らせることができるのです。

またナトリウムは水分が減少すると細胞内に浸透し、それによって神経系統や筋肉の老化を引き起こします。それを防ぐためにも積極的に水分を摂取する必要があるのです。